/

西宮市Y様邸マンションリフォーム③解体工事編

こんにちは。スタジオトラッドの金栄(かなえ)です。

Y様邸レポート第三弾に参ります。
プランのご提案と打合せが終わったので、工事に入ります。

第一弾「西宮市Y様邸マンションリフォーム①現地調査編」はこちら
第二弾「西宮市Y様邸マンションリフォーム②プラン・打合せ編」はこちら

目次

  • マンションリフォーム解体工事で注意すべきこと
  • 共用部養生について
  • 実際の解体工事
  • 解体後写真

マンションリフォーム解体工事で注意すべきこと

マンションリフォーム工事で一番注意すべきは近隣の方への配慮です。
内装工事だけであれば、音も少なく支障はありません。
でも、大がかりな解体工事が入る場合は、どうしても大きな音がでてきてしまいます。
近隣の方にはご理解頂いたうえで工事を開始することが必須です。
トラブルが起きた場合、工期が延びたり、余分に費用が掛かってしまう場合があります。

マンションは集合住宅なので、そういったところへの配慮がとても重要となります。

 

共用部養生について

DSCF2196

マンションの敷地の中は共用部と専用部に分かれています。
専用部とは、ご自身の所有している居住空間部分をいいます。正確にはコンクリートスラブの表面から部屋内の部分をいいます。
共用部とは、マンションのエントランス、共用廊下、屋上など個人の所有の外にある場所のことをいいます。

共用部については、マンションによって養生(工事による傷などを防ぐ)の指示があったりするので、それにしたがっておこないます。

実際の解体工事

今回は間取りの変更はほとんどない為、フローリング捲り工事が解体工事のメインとなります。
フローリングを剥がすだけの簡単な工事に見えますがこれがとても大変です。。。
なぜかというと、マンションのフローリングはたいてい下の写真の様にフローリングにふわふわしたゴム素材が付いています。
コンクリートの上にこのようなゴム付のフローリングを貼っているので綺麗に剥がすがとてもたいへん。。。
今回はこのフローリングを剥がした後に二重床という施工方法で無垢材のフローリングを施工します。
マンションは床材に遮音等級が規定されている場合が多いので、それに見合った商品を使用します。

・フローリング捲り

DSCF2188 DSCF2192 DSCF2193 写真 2016-03-28 10 30 11

解体後写真

フローリングを捲り終わった状態が以下です。
分かりにくいので、Before写真も載せておきます~

・床解体後
写真 2016-04-09 16 21 07

写真 2016-04-09 16 18 45

水廻りはもともと2重床になっていました。
廊下リビングも直貼りから2重床になるため、段差が緩和されます。

・Before写真

DSCF2006

DSCF1946

解体工事がひと段落したら次は大工工事にはいります~!

The following two tabs change content below.
かなえ あいこ
受付から工事完了まで様々なお仕事をさせていただいてます!
笑顔で楽しんでお仕事してます!
趣味はまったりお散歩からダンス、アルティメットまで。
リフォームで新たな価値を吹き込めるように一緒に頑張ります!!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
山と畑のあるすまい|兵庫県篠山市新築住宅

兵庫県篠山市にて山と畑に囲まれた住まいが完成しました。 里山と畑・町

9/9日(土)10(日)「山と畑のある家」完成見学会

  こんにちは。スタジオトラッドのかなえです。 兵庫

TRAD現場監督の工事レポート4月編 ②

こんにちは!スタジオ・トラッド現場監督の中山です。 今回はエコカ

TRAD現場監督の工事レポート4月編 ①

こんにちは!スタジオ・トラッド現場監督の中山です。 今回は部屋の

TRAD現場監督の工事レポート3月編

  こんにちは!スタジオ・トラッド現場監督の中山です。