【現場監督の工事レポート】収納スペース造作工事①

こんにちは!ReHomey(リホーミー)現場監督の中山です。

 

5月・6月はリフォーム熱も高く、現場のダブルヘッダーやトリプルヘッダーも珍しくない状況ですが、一つ一つの現場を丁寧に進めさせて頂いています!

その中で、今回は収納スペース造作工事現場のレポートをお届けします。

 

今回のお施主様は、収納スペースにお悩みを持っていて、階段を上がりきったところから吹抜けへと床を拡張し、収納スペースをつくれないか?とのご相談でした。

吹抜けは採光や解放感を得るのに最適なスペースですが、ある意味デッドスペースにもなってしまいます。

そのスペースを有効活用すべく大工工事開始です!!

 

↑↑↑お施主様にお渡ししたご提案資料

完成形のイメージを持って頂けたと思います。

 

材料の加工を屋上バルコニーでするので、材料搬入時に傷つけないようまずはしっかり養生します。

 

 

屋上バルコニーをお借りして、拡張用の床材や、新しく立ち上げる壁材を加工していきます。

 

 

床の拡張作業

 

 

 

腰壁の上に新たに壁を新設。

新しい収納スペースの壁になります。

 

少しずつ新しい空間らしくなってきました。

あとは新設床へのフローリング貼りと、新設壁へのクロス貼りをしていよいよ完成です!

次回は完成までのレポートをお届けします。

 

The following two tabs change content below.
nakayama
現調・設計・工事管理まで幅広く工事を担当しています!
宜しくお願いします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket