【現場監督の工事レポート】収納スペース造作工事②

こんにちは!ReHomey(リホーミー)現場監督の中山です。

 

近畿地方もようやく過去最も遅い梅雨入りをしました。

現在進行中の塗装の現場も、梅雨入り前にいったん一区切りができてホッと一安心です。

 

さて、今日は前回に引き続き収納スペース工事の現場レポートをお届けします。

今回の作業は、拡張した床部分に新たにフローリングを貼るのと、新設の壁に棚柱の取付とクロス貼り工事して、終了となります。

 

新設壁にクロスを貼る前に、釘やボードの継ぎ目が出ないようパテ処理をして表面を平らに均します。

これをすることで仕上がりがキレイになります。

 

 

お施主様のご要望で新設の壁に白い棚柱を取付けました。

可動式の棚を取りけられるので、収納物に応じた高さに調整できます。

 

 

新設のフローリング。

階段の既存部分と色を合わせています。

 

 

完成後の収納スペース

コンパクトですが、デッドスペースを活用した収納ができました。

当社には専属の大工さんがいますので、造作の家具をお考えの方や、収納のお悩みなどございましたら一度ご相談下さい!

 

【現場監督の工事レポート】収納スペース造作工事①

 

The following two tabs change content below.
nakayama
現調・設計・工事管理まで幅広く工事を担当しています!
宜しくお願いします!

記事を気に入ったらシェアをしてね