階段上を有効活用した収納工事|兵庫県西宮市

兵庫県西宮市S様邸収納工事

□竣工 2019年6月

□工期 5日間

□概算費用 30万

(施工費はリフォーム前の状態によって異なります。当費用はこの事例の概算費用ですので、ご参考ください。)

 

お客様からの要望

・収納スペースを拡張したい

 

Before

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階からルーフバルコニーへ出る階段を上がりきったところは吹抜けになっており、この空間を有効利用することになりました。

 

施工中

↓↓↓今回のプランニング

階段横から吹抜けへスペースを拡張します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓新設床の下地枠を作製していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓さらに壁を新設していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓壁が立ちあがったところで、クロス屋さんに入ってもらい、パテでフラットに均したあとクロス貼りをします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

After

↓↓↓コンパクトですが、階段上のデッドスペースを活用した収納ができました!

棚柱も施工してあるので、可動式の棚板をつけて更に有効活用できそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフコメント

 

吹抜けは空間をゆったりと見せるのには効果的ですが、一方ではデッドスペースにもなります。

今回はお施主様のご希望で、限られたスペースを有効活用することになり、階段から吹抜けへの拡張工事を行いました。

既存の床材と新設床の床材も色合いが違和感無く、元々あったかのような仕上がりになり良かったです!

 

The following two tabs change content below.
花田 悠子

花田 悠子

スタッフ㈱ReHomey
ReHomeyの後方支援係りです。
事務全般・チラシ作り・パース作成・ショールームのご案内などなど・・・。
以前はインテリアショップにいたので、家具や照明がいつも気になっています!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket