studio TRADの家づくり ~出会いから完成まで~「初回プランニング編」

こんにちは!studio TRADの花田です。

 

前回は「出会い編」と題しまして、studio TRADってどんな会社でどんなことをしているのかご説明しました。

第1回目の記事はコチラ→ studio TRADの家づくり ~出会いから完成まで~「出会い編」

今回はお客様とTRADが出会ってはじめてのプランニングがどのように進むのかお話ししたいと思います。

 

現地調査ではこんなことします

はじめての出会いでお客様のご要望などをお伺いしたあと、実際に工事するお宅におじゃまして「現地調査」を行います。

現地調査では、現況の寸法を採寸したり天井上や床下の状況を確認したり、給排水の位置などを確認します。

これらのチェックを行うことでどのような工事内容になるのかおおよその判断をします。

所要時間は工事内容にもよりますが、フルリノベーションですと1時間半~2時間くらいかかります。

I邸現調 O邸現調

 

現地調査の時に何を準備したらいい?

お客様には立会をして頂くだけで、基本的に準備物は特にありませんが、現況図面をお持ちでしたら調査がスムーズですのでご用意をお願いしております。

 

初回でこんな資料がもらえます!(フルリノベーションの場合)

物件にもよりますが、最初の現地調査のあと約3週間前後で概算見積書とプランシートをお渡しします。

この段階では「こんな工事をしたらこれくらいの金額」といったおおよその見積金額が出ますので、検討の際の目安にしましょう。

プランシートには平面図とパースなどの資料があり、ご家族とイメージを共有するのにとっても有効です!

O邸打合せ

まとめ

最初に出会ってから初回のプランが出るまでこのような流れになっています。

大切なのはご家族でイメージを共有すること。

家族みんなの希望やどのような暮らしにしたいかを、初回のプランと照らし合わせながら検討してくださいね。

 

The following two tabs change content below.
花田 悠子

花田 悠子

スタッフ㈱ReHomey
ReHomeyの後方支援係りです。
事務全般・チラシ作り・パース作成・ショールームのご案内などなど・・・。
以前はインテリアショップにいたので、家具や照明がいつも気になっています!

記事を気に入ったらシェアをしてね