studio TRADの家づくり~出会いから完成まで~「実施設計編」

こんにちは!studio TRADの花田です。

 

前回までは、はじめてお客様がstudio TRADにご相談に来られてから初回プランまでの流れをお話ししました。

今回は初回プランから打合せを経てご契約に至る「実施設計編」をお送りします。

 

第1回目の記事はコチラ→studio TRADの家づくり~出会いから完成まで~「出会い編」

第2回目の記事はコチラ→studio TRADの家づくり~出会いから完成まで~「初回プランニング編」

 

実施設計とは?

基本設計に基づいて工事内容や施工費を出していくことを「実施設計」と言います。

具体的には、初回プランニング時にお出しした概算見積りやご提案の内容で方向性が決まれば、「設計契約」を結び、さらに詳細な図面作成と工事内容をお見積りすることになります。

 

e494286e12b6c63c39dd41db28222f23_m

どんなことを打合せするの?

「設計契約」を結んだあとはいよいよ細かな打ち合わせがはじまります!

打合せ回数は工事の規模によりますが、大体4~7回を目安に考えております。

決めることがたくさんありますので、ここでお施主様とスタッフの距離がグッと縮まる瞬間でもあります。

ここでは、間取りの打合せの他、住宅設備・照明設備・建具デザイン・左官塗パターン・木材の種類などなどを一つずつ打合せしていきます。

必要に応じてメーカーのショールームに行ったり、サンプルを取り寄せたりします。

お施主様にとっても大変な作業ですが、完成後の新しい暮らしを想像しながら決めていく楽しい作業でもありますね。

 

IMG_0960

 

いよいよ契約!

4~7回の打合せのあと、最終的な工事の見積書を提出し、これで良ければ晴れてご契約となります。

「工事請負契約書」をよくご確認頂き契約を交わします。

この段階でプランは原則確定しますので、不明点はここでクリアにしておく必要があります。

 

まとめ

実施設計での打合せは、お施主様にとって最も大変で最も楽しい段階です。

新しい暮らしをイメージしながら、納得いくまでスタッフと打合せをしましょう。

また、ご家族内でも意見をすり合わせていくことが大切だと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
花田 悠子

花田 悠子

スタッフ㈱ReHomey
ReHomeyの後方支援係りです。
事務全般・チラシ作り・パース作成・ショールームのご案内などなど・・・。
以前はインテリアショップにいたので、家具や照明がいつも気になっています!

記事を気に入ったらシェアをしてね