1戸建てリノベーション事例(現場レポート)仕上、完了編④

こんにちはTRADの中山です。

いよいよT様邸最終回となりました。

完成までの様子をレポートしていきたいと思います。

 

前回の記事はこちら↓↓↓

1戸建てリノベーション事例(現場レポート)現地調査編①

1戸建てリノベーション事例(現場レポート)解体~大工工事編②

1戸建てリノベーション事例(現場レポート)大工工事編③

大工工事も終わり仕上げのクロス工事→建具吊り込み工事→最後に美装工事で完了です!

DSCF2101 DSCF2102

クロスを仕上げる前に、大工さんが張った壁・天井のジョイント部分やビスの穴などを

パテと言う材料で埋めていき、平にしていきます。

この作業がクロス屋さんにとって1番大事な所で、パテが悪いと仕上げのクロスが

デコボコになってしまいます。

パテの上手いクロス屋さんはクロスの腕がいいと言われるぐらいです。

今回のクロス屋さんの腕は・・・まーまーです(-。-)  実は私の弟です(^_-)

 

次は建具の吊り込みです。

DSCF2119

↑洗面の入り口にはフラッシュ戸と言って、下地の木材に板を張り合わせて作った

一般的によく使う扉です。

20160229_100149

↑これはリビングの入り口の無垢の扉です。

岡山県にあるイマガワ建具さんで作って貰い、フラッシュ戸と違い張り合わせでは無く、

1枚物の建具で、高級品の扉です(ー_ー)!!

 

そしてすべての作業が終了したので、洗い屋さんによる美装工事です。

DSCF2118

さまざまな道具で綺麗にしていきます。

DSCF2116

この現場は、床、壁、天井とほとんど新しくしているので、主に窓などを

重点的に掃除して貰いました。

網戸など見ての通り、水で流すと真っ黒な汚れが出ていました(>_<)

 

これですべての工事が完了です!(^^)!

仕上がりの完成写真です。↓↓

20160226_094548  20160224_161851 20160224_161845  20160224_162019

 

今回のT様邸の工事は、築年数が古いこともあり、壁の傾きや、床の水平などが悪く

手間がかかったのですが、最終的にうまく工事が出来たように思えます。

T様にも大変喜んでもらい、大変お世話になりました。

これでT様邸の現場レポートを終了します。

また次の現場でレポートできたらと思います。

 

 

 

The following two tabs change content below.
nakayama
現調・設計・工事管理まで幅広く工事を担当しています!
宜しくお願いします!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket