音が気になる!?マンションリフォームで取り入れたい無垢フローリング

こんにちは!studio TRAD(スタジオトラッド)の花田です。

 

studio TRADでは戸建・マンションともに自然素材を使ったリフォーム・リノベーションをしています。

リビングには無垢の木で作った造作家具、壁には珪藻土や漆喰、そして面積の一番広い床には無垢のフローリング!

肌触りも良くて、木の香りに癒される無垢フローリングですが、マンションでも施工できるのかご質問を受けることがあります。

やってみたいけど音の問題や手入れの問題が不安・・・。

そんなふうに感じている方が多いと思います。

今日はマンションにおける無垢フローリングについてお話します。

無垢材フローリングコラム画像

 

目次

  • マンションでの音の話
  • 良く聞く遮音等級(しゃおんとうきゅう)って?
  • 音の解決方法
  • さいごに

 

マンションでの音の話

マンションでよく問題になる「騒音」ですが、二種類にわけられます。

①重量床衝撃音・・・人が飛び跳ねたり重たいものを落とした時の音

②軽量床衝撃音・・・スリッパでパタパタ歩く音、スプーン等を落とした時の音

重量床衝撃音はマンションの構造体によるところが大きいのでそもそもの対策は難しいです。

軽量床衝撃音は床の構造や表面の仕上げで変わるので、無垢のフローリングを貼る場合はこれをいかに対策するかがカギです。

 

 

無題

 

良く聞く遮音等級(しゃおんとうきゅう)って?

マンションの管理規約で、リフォームでフローリングを使用する際に「L45相当の材料を使用すること」と決まりがあるところが多いです。

このL値は上階の衝撃音が下階で聞える大きさを示す数値で、数字が小さいほど性能が良いことになります。

ただし最近は「L45」と表示される推定L等級よりもJIS規格で定められた「Δ(デルタ)L等級」を使って性能を表示されています。

 

マンションでの音の解決方法

フローリング材の下に遮音マットを施工するなど、いろいろな方法がありますが、studio TRADの無垢フローリング施工では「乾式二重床」を採用しています。

これは、支持脚で床をあげて空気層をつくる方法です。

 

無題

 

小学校の理科の授業で習ったと思いますが、音の伝わりやすさは個体→液体→気体の順番と言われています。

その原理を応用したものですね。

施工には一定の条件がありますので、お施主様と相談して方法を決めていきます。

1 2
↑↑↑TRADショールームにある収納庫。板が取り外せて無垢フローリング二重床の構造がわかるようになっています。

 

さいごに

無機質なコンクリートに囲まれたマンションだからこそ、内装に使う材料は自然素材を使って欲しい・・・。私たちはそう願っています。

特に床材は直接体に触れることが多い部分です。

無垢フローリングの特徴や施工方法をよく知って、可能なのであればぜひお住まいに取り入れて欲しいなと思います!

 

studio TRADでは無垢フローリングについての冊子を配布しております。

ご興味のある方はショールームにお越し頂くか、下記リンクより資料請求をお待ちしております。

MS×フローリング冊子画像

 

マンションにおける無垢フローリングに関する資料請求はコチラまで!

 

おすすめの関連記事

日本のベテラン木材 「杉」のヒミツ~番外編・フローリング~

これで解決!無垢フローリングに傷をつけてしまった時の対処法

The following two tabs change content below.
花田 悠子

花田 悠子

スタッフ㈱ReHomey
ReHomeyの後方支援係りです。
事務全般・チラシ作り・パース作成・ショールームのご案内などなど・・・。
以前はインテリアショップにいたので、家具や照明がいつも気になっています!

記事を気に入ったらシェアをしてね