/

知っておきたい!住宅の壁に珪藻土を使う時のメリット・デメリット

こんにちは、studio TRAD(スタジオトラッド)の花田です。
つい最近、ショールーム前の植木がとってもステキになり、スタッフみんなで癒されています。
グリーンって大事なんだな~と思います。

 

さて、今回は前回に引き続き珪藻土(ケイソウド)についての記事です。
studio TRAD(スタジオトラッド)では壁の仕様は珪藻土(ケイソウド)を提案しています。
それが一番シンプルで、杉やヒノキのフローリングに調和するからです。
しかし、自然素材だからこその扱いにくさも合わせ持っています。
良い面だけではなく、珪藻土の特徴を知ってから取り入れると良いでしょう。

 

珪藻土についてはコチラ!↓↓↓

自然素材の家づくりで大注目の壁|珪藻土(ケイソウド)って何ですか?~その1~

自然素材の家づくりで大注目の壁|珪藻土(ケイソウド)って何ですか?~その2~

 

 

目次

  • 珪藻土のメリット
  • 珪藻土のデメリット
  • デメリットを理解し寄り添う
  • まとめ

IMG_1898

 

珪藻土のメリット

・調湿性能がある

・人や環境にやさしい

・七輪に使われるほど耐火性能が高い

・塗り方を変えることで色々なデザインにできる

無題

・ニオイを吸収する

・断熱性に優れている

 

高い機能性だけではない、環境にも優しくオリジナリティを実現できるデザイン性の高い素材だと思います。

 

珪藻土のデメリット

・マットでコーティングされているわけではないので、汚れやすくメンテナンスが大変

・材料のかくはんから下塗り、仕上げ塗まで壁紙より工程が多く施工に時間がかかる

・施工する人のレベルによって仕上がりに幅がある

・ザラザラしており、こすると粉が落ちる

 

施工時や施工後の扱い辛さがデメリットと言えます。

 

デメリットを理解し寄り添う

何やら扱い辛そうなイメージの珪藻土(ケイソウド)ですが、その特徴を理解し、うまく付き合うことでデメリット以上のメリットを感じることができます。
汚れたときのお手入れの大変さは子育てと同じようなもの。
手をかければかけるほど愛着がわきます。
新築時のようなまっさらな美しさは保つことはできませんが、経年変化を楽しむことができるのが自然素材の良さです。

 

まとめ

珪藻土(ケイソウド)はすべての人にオススメ!という素材ではけっしてありません。
少しでも汚れが気になる方や手入れが面倒な方には向かないと思います。
逆に暮らしていく中で経年変化を楽しみ、手をかけてあげられる方にはぜひ取り入れてほしい素材です。
日本の気候にあった機能的な素材で、オリジナリティのあるデザインをぜひ楽しんで下さい!

The following two tabs change content below.
花田 悠子

花田 悠子

スタッフstudio TRAD
studio TRADの後方支援係りです。
事務全般・チラシ作り・パース作成・ショールームのご案内などなど・・・。
以前はインテリアショップにいたので、家具や照明がいつも気になっています!

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
  • LINEで送る
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知をメールで受け取ることができます。

読者登録はコチラ

文字サイズの変更

標準 拡大
  • facebook
  • feedly
  • livedoor
  • rss
山と畑のあるすまい|兵庫県篠山市新築住宅

兵庫県篠山市にて山と畑に囲まれた住まいが完成しました。 里山と畑・町

9/9日(土)10(日)「山と畑のある家」完成見学会

  こんにちは。スタジオトラッドのかなえです。 兵庫

TRAD現場監督の工事レポート4月編 ②

こんにちは!スタジオ・トラッド現場監督の中山です。 今回はエコカ

TRAD現場監督の工事レポート4月編 ①

こんにちは!スタジオ・トラッド現場監督の中山です。 今回は部屋の

TRAD現場監督の工事レポート3月編

  こんにちは!スタジオ・トラッド現場監督の中山です。